昨年に続いて3年生の総合学習の「吉備の町を

盛り上げている人達からお話を聞こう」と言う

会です。

 

今年は5つの団体の人が参加されました。

3年生はそれぞれ話を聞きたい人のグループに

分かれて、各教室で話を聞きます。

活動内容や、経緯、願い等を聞き、調べて

まとめたことを紹介し合うそうです。

 

「吉備大賀ハス保存会」のお話を聞きたいと

集まってくれた17人の3年生の子供達。

どの程度わかりやすく話したらよいのか毎年

迷います。

 

私達、保存会も高齢化により段々人数が

減っていると話すと、ボクが大きくなったら

手伝うと言ってくれた子がいました。

大変うれしく、励みになります。

 

吉備の町を大賀蓮の町として盛り上げて

いけたらとの思いを強くしました。

 

明けましておめでとうございます。

 

庭瀬城址内堀の畔に清山神社があります。

今年一年の大賀蓮育成がうまくいきますように

そして近隣の皆様の安寧をお祈りしました。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

庭瀬城址入口にある八幡宮と弁財天のお社です。

 

 

 

参道の橋から見た清山神社です。

右側の内堀に大賀蓮を植えています。

 

 

 

清山神社の正面です。

 

 

 

岡山市指定保存樹の銀杏の木と楠木です。

 

 

 

庭瀬城址東側の外堀から見たものです。

 

今年一年、庭瀬城址の大賀蓮にかかわった

保存会の皆様、お世話になりました。

 

そして庭瀬城址の大賀蓮を見に来てくださった方

作業している時ねぎらいの言葉をかけて

くださった方

大賀蓮に関心をもってお声をかけてくださった方

ありがとうございました。

 

今年は天候不順だったにもかかわらず

たくさんの花が咲きました。

来年も今年以上の育成が出来るよう

頑張りたいと思います。

 

皆様

よいお年をお迎えください。

 

 

今日、吉備・陵南まちかど博物館が開かれました。

秋空のもと、大勢の方が陣屋町として栄えた

昔ながらの風情を残す町並みを

散策されていました。

 

吉備大賀ハス保存会もパネル展で参加しました。

大賀博士の事や大賀蓮の事をもっと知ってもらう

ために、昔の新聞記事や、大賀蓮の開花の写真を

展示しました。

 

 

 

朝晩秋の気配を感じるようになってきました。

大賀蓮も全て枯葉になったので摘み取りました。

これから休眠状態に入ります。

 

来年花を咲かせるために栄養をいっぱい貯えた

蓮根はもう出来ています。

来年の開花を楽しみに作業をしました。

 

 

11月4日(日)は吉備・綾南まちかど博物館が

あります。

庭瀬城址周辺でもいろいろなイベントが

催されます。

皆様ぜひお越しください。

 


吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other