今日、吉備・陵南まちかど博物館が開かれました。

秋空のもと、大勢の方が陣屋町として栄えた

昔ながらの風情を残す町並みを

散策されていました。

 

吉備大賀ハス保存会もパネル展で参加しました。

大賀博士の事や大賀蓮の事をもっと知ってもらう

ために、昔の新聞記事や、大賀蓮の開花の写真を

展示しました。

 

 

 

朝晩秋の気配を感じるようになってきました。

大賀蓮も全て枯葉になったので摘み取りました。

これから休眠状態に入ります。

 

来年花を咲かせるために栄養をいっぱい貯えた

蓮根はもう出来ています。

来年の開花を楽しみに作業をしました。

 

 

11月4日(日)は吉備・綾南まちかど博物館が

あります。

庭瀬城址周辺でもいろいろなイベントが

催されます。

皆様ぜひお越しください。

 

 

3番の保存育成鉢に開花3日目の花が

1本咲いていました。

この花が今年最後の花になりそうです。

 

 

 

今年の開花総数は183本でした。

一番多くの花をつけた鉢は7番の鉢で

41本でした。

 

7番の鉢に3日目の花が葉の下に隠れるように

咲いていました。

 

 

ネットをかけていた果托を摘み取りましたが、

数粒の実が果托から外れ、ネットの中に

落ちていました。

 

 

3番の保存育成鉢です。

2日目の花が1本と、蕾が3本ありました。

明日開花しそうな蕾が1本と、4〜5日先に

咲きそうな蕾が2本です。この蕾が今年最後の

花になりそうです。

 

 

 

花托にネットをかけて黒熟するのを待って

いましたが、その中の完熟した1個を摘み

取りました。

 

 

まだまだ咲き続けていますが、

花茎が短くなっていて、葉の下に隠れるように

咲いています。

 

開花1日目の花です。

 

 

2日目の花です。

 

 

明日開花しそうな蕾です。

 

 

1番の鉢です。

今年最初に花をつけ、その後たくさんの花が

咲いた鉢ですが、葉が枯れかけてきました。

 

 

3番の保存育成鉢です。

明日開花しそうな蕾が1本、開花1日目の

花が1本、2日目の花が2本と、

8月に入って元気になりました。

 

 

またまたトンボと出会いました。

 


吉備大賀ハス保存会について

平成24年(2012年)4月設立。
この会は岡山市(旧吉備地区)で生まれた大賀一郎博士の業績を後世に伝える。
又、庭瀬城址の大賀蓮を管理し、育生エリア拡大を進める。
吉備大賀ハス保存会へのお問い合わせ・ご連絡は岡山市立吉備公民館まで。

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 蓮の実の発芽実験3
    天瀬
  • 吉備公民館の大賀蓮
    泥蓮
  • 大賀一郎博士追憶展無事済みました
    阪本尚生
  • 吉備公民館の大賀蓮
    坪井慈朗

Link

Profile

Search

Other